第8回 2013年度 ノミネート作品一覧
一般の部 企業の部
スマートデバイス広告部門 スマートデバイスアプリ部門 スマートデバイスイノベーション部門
一般の部:スマートデバイスイノベーション部門
紙芝居屋さんの画

紙芝居屋さんの画

作品紹介:

昭和恐慌で失業者が溢れる昭和5年、日銭を稼ぐ手段として生まれた紙芝居屋さん。そんな紙芝居屋さんが生んだ「紙芝居」は日本固有の文化で、海外でもKamishibaiと呼ばれています。
紙芝居屋さんの画は手書きの一点物です。貸元から依頼された作家が、「続きは明日」のその先を毎日紡いでいたのです。
希少となった今では閲覧すら難しく、権利が貸元・台 本・画とまたがりほとんど不明なため、二次利用は困難です。
そんな中、黄金バットで知られる加太こうじの原画データを、iPad(iPhoneも 追加予定)があれば、いつでも誰でも紙芝居ができる形で「使えるアーカイブ」として無料配信しているのが紙芝居屋さんの画です。


制作者名:
佐々木 遊太(国立紙芝居)
佐々木 慶子(国立紙芝居)
Glen Brügge(翻訳)
吉村 多恵子(翻訳)

ページトップへ
facebook 始めました(外部サイト)